業績一覧


【論文】

 

<英文>

Gender differences in cancer-related distress in Japan: a retrospective observation study.

Koyama A, et al.

Biopsychosoc Med. 2016 Apr 12;10:10.

 

 

The physical and psychological problems of immigrants to Japan who require psychosomatic care: a retrospective observation study.

Koyama A, et al.

Biopsychosoc Med. 2016 Feb 24;10:7.

 

 

Clinical response to everolimus of EGFR mutation-positive NSCLC with primary resistance to EGFR-TKIs.

Matsuoka H, et al.

Clinical Lung Cancer. 2016 (In Press)

 

 

Incidence of carnitine deficiency in patients with cancer pain: a pilot study.

Sakai K, et al.

Moleculer and Clinical Oncology. 2016 (In Press)

 

 

Clinical outcome of node-negative oligo metastatic non-small cell lung cancer.

Sakai K, et al.

Thoracic Cancer. 2016 (In Press)

 


 

Chemotherapeutic drugs that penetrate the blood-brain barrier affect the development of hyperactive delirium in cancer patients.

Hiromichi Matsuoka, et al.

Palliat Support Care. 2015 Aug 13(4):859-64.

 

 

Kampo medicine for palliative care in Japan.

Okumi H, Koyama A.

Biophychosoc Med. 2014 Jan 22;8(1):6

 

 

Regression of brain metastases from breast cancer with eribulin: a case report

Hiromichi Matsuoka, et al.

BMC Research Notes. 2013

 

 

Clinical Response to Crizotinib Retreatment After Acquisition of Drug Resistance.

Hiromichi Matsuoka, et al.

J Clin Oncol. 2013

 

 

Pilot Study of Duloxetine for Cancer Patients withNeuropathic Pain Non-responsive to Pregabalin.

Hiromichi Matsuoka, et al.

Anticancer Reserch 32: 1805-1810 2012

 

 

The physical and psychological problems of non-Japanese patients in psychosomatic medicine in Japan.

Atsuko Koyama, et al.

J of Travel Medicine 19(5) 324-326 2012

 

 

The health impact of intimate partner violence on adult female patients and the role of psychosomatic medicine in Japan.

Atsuko Koyama, Minoru Niki, Hiromichi Matsuoka, Ryo Sakamoto, Kiyohiro Sakai , Rikako Jinnai, Kanae Yasuda

J Jp Soc Psychosomatic Obstetrics and Gynecology 16 294-305 2012

 

 

Expression changes in arrestin beta 1 and genetic variation in COMT are biomarkers for the response to morphine treatment in cancer patients.

Hiromichi Matsuoka, et al.

Oncology Reports 27 1393-1399 2012

 

 

Prospective study evaluating the serum concentrations of twenty-six cytokines and response to morphine treatmentin cancer patients.

Chihiro Makimura, et al.

Anticancer Research 31 4561-4568 2011

 

 

The significance of a specific psycho-oncology outpatient service for cancer patients run by psychosomatic medical doctors.

Atsuko Koyama, Minoru Niki, Hiromichi Matsuoka, Ryo Sakamoto, Kiyohiro Sakai , Rikako Jinnai, Kanae Yasuda, Masatomo Ootsuka

Acta Med Kinki Univ 36 63~71 2011

 

 

Psychotherapy in Psychosomatic Medicine Tezukayamagakuin University Graduate School.

Atsuko Koyama

J of clinical psychology Vol.7 5-13 2010

 

 

Quality of life and psychological distress in Japanese breast cancer patients.

Atsuko Koyama, et al.

Proceedings of The XV International Congress of the International Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology 323-326 2007

 

 

Psychological distress and self care achievement among adult bone marrow transplant recipients in a bio-clean room.

Atsuko Koyama, et al.

J of Germfree Life and Gnotobiology Vol.35 (1) 1-9 2005

 

 

<和文>

摂食障害や機能性消化管疾患との鑑別を要した食道アカラシアの一例

村田昌彦 他 

日本心療内科学会誌 19(2015)33-38

 

易疲労感・食欲不振などの症状からうつ病を疑われて紹介となったACTH単独欠損症の1例

酒井清裕 他

心身医学 55:261-268, 2015 

 

胃癌の治療戦略 緩和医療と疼痛管理

モルヒネ治療効果予測とバイオマーカー

牧村ちひろ 松岡弘道 中川和彦

日本臨床 72巻増刊1 最新胃癌学 Page596-600,2014

 

肺癌の治療戦略 緩和医療と疼痛管理 

モルヒネ治療効果予測とバイオマーカー(解説/特集)

松岡 弘道, 牧村 ちひろ, 中川 和彦

日本臨床  71巻増刊6 最新肺癌学 Page648-652,2013

 

女性とがん,サイコオンコロジー 

 ー患者の立場から,家族の立場からー

小山敦子

女性心身医学18(2) 204-210 2013

 

男女共同参画社会がもたらす女性の悩みと対策

小山敦子

日本心療内科学会誌 17(1) 25-32 2013

 

日本における成人女性に対する親密なパートナーからの暴力による健康被害と心療内科の果たす役割

小山敦子, 仁木稔, 松岡弘道, 阪本亮, 酒井清博, 陣内里佳子, 保田佳苗 

女性心身医学 16(3) 294-305 2012

 

臨床に役立つ医療面接ー心身医学的な立場からー

小山敦子、藤田光恵 

女性心身医学17(2) 175-183 2012

 

心療内科医の緩和ケア領域における役割-2症例からの考察-

松岡弘道, 大塚正友, 小山敦子,他

癌と化学療法 37 359-362 2010

  

「心療内科の診療報酬」-大学病院の立場から-

小山敦子

日本心療内科学会誌 13巻3号 168-174 2009

 

心身症についてー職場のメンタルヘルス

小山敦子

総合臨床 56巻1号 163-164 2007

 

心療内科を受診する女性の「うつ」の患者の特性について 

小山敦子

日本女性心身医学会雑誌 12巻1.2号 273-276 2007

 

「現代人が心身医療に求めるものは」-心療内科の現場からー

小山敦子

日本心療内科学会誌 11巻 3号 157-162 2007

 

大量鎮痛薬乱用により再発を繰り返していた胃・十二指腸潰瘍患者の1症例の治療

松岡弘道, 西田慎二,堀裕典, 陣内里佳子, 平野智子, 小山敦子

 日本心療内科学会誌 11 255-259 2007

 

診察の秘訣 「社会不安障害」-治療可能な新しい概念としてのとらえ方

小山敦子

Modern Physician Vol.26 (7) 1208 2006

 

私の処方 慢性疼痛性障害に対する薬物療法 

小山敦子

Modern Physician Vol.26 (8) 1360 2006

 

治療の実際 プライマリでみるうつと不安の診断と治療ーパニック障害を含めて

小山敦子, 西田愼二

臨床と研究 32巻3号 119-124 2005

 

「心身相関」について

小山敦子 

女性心身医学 8巻2号 132-136 2003

 

【学会発表】

心身医学会、心療内科学会、緩和医療学会、サイコオンコロジー学会、World congress of International Psycho-Oncology,World congress of Psychosomatic Medicineなどで特別講演・シンポジストなどを行い、毎年多数演題発表をしている。

【著書】

治療的自己 

ジョン・G・ワトキンス(著) 日本心療内科学会治療的自己評価基準作成委員会(訳)   分担執筆

出版社:アドスリー

 

精神腫瘍学クリニカルエッセンス

日本総合病院精神医学会がん対策委員会(監修)、小川 朝生、 内富 庸介(編集) 分担執筆

出版社:創造出版

 

精神腫瘍学

小川 朝生、 内富 庸介(編集) 分担執筆

出版社:医学書院

 

心療内科実践ハンドブック―症例に学ぶ用語集

日本心療内科学会(監修)、日本心療内科学会用語委員会(編集) 分担執筆

出版社:マイライフ社